中学受験における塾選びで合格実績はあてになる?

中学受験をするにあたっては塾を選んで、そこに通わせるというのが一般的ですが、その塾を選ぶときの基準がポイントになります。合格実績という部分に間違いなく目がいくはずなんですが、それはあてにして良いものかということを1度考えてみてほしいと思います。合格実績の良いところ選ぶ理由があるとすれば、そこに通わせたら自分の子供が志望校に受かる確率が上がるのではないかと思うからでしょう。

それは必ずしも正しいとは言えません。その理由は簡単です。どの親も同じことを考えるからです。つまり、中学受験に熱心な親ほど子どもの塾選びには熱心になるはずで、当然合格実績の良いところを選ぶはずなんです。

普通に考えたら親が熱心なほど、親の与える影響力が強く、またサポートなどもあるため、中学受験をする子どもの成績が上がりやすい傾向にあるのではないか考えますよね。全部のケースがそうとは言えませんが、そういう傾向があるのではないでしょうか? そうなると、そういう熱心な親が合格実績の良い塾を総じて選ぶならば、合格実績が良い塾には元々合格可能性の高い子どもがどんどん集まってくるということになります。合格可能性が高い子どもが合格実績の良い塾に集まり、逆に合格実績のよくない塾にはそういう子が集まりづらいとなれば、当然合格実績の良い塾が次年度も良い合格実績を出せるのは当たり前なんです。

そうであれば、合格実績が高い塾は、合格実績を高めてくれる子どもが集まりやすいという部分によって合格実績が良いと言える側面もあり、その塾の指導が上手いから合格実績が良いとは一概に言えないのです。そうなると、その合格実績が良い塾に入れることが自分の子供の志望校への合格の確率を高められるとは一概には言えない可能性もあるので、合格実績だけではなく、塾の雰囲気や指導方法も細かく確認して塾を選ぶことが大切です。